2017年8月30日水曜日

市議会9月定例会は8月31日から



 明日8月31日から市議会第3回定例会(9月議会)が開会する。会期中に決算特別委員会を5日間開催するため会期は10月5日(木)の最終本会議までの長丁場となる。
今定例会に提案されている議案と日程日割票はそれぞれ下のリンクをご参照ください。
https://www.city.koganei.lg.jp/shisei/gikaijimukyoku/info/D0901010201700288.files/20170825144950.pdf

https://www.city.koganei.lg.jp/shisei/gikaijimukyoku/info/D09010102130555250.files/293hiwari.pdf

毎定例会ごとに議員1名1時間の持ち時間で行う一般質問は、1.来年の市政60周年に向けたシティープロモーション事業を展開しないか 2.小金井市の子ども発達支援事業の現状について 3.消防団員の確保について、市内大学等との連携の検討を始めないか の3項目行わせていただく予定で、9月5日(火)の午前10時に登壇する予定だ。
 市議会の模様は、本会議と全ての委員会審議がYouTube で生中継と日時を指定して再生することが可能になっている。
今定例会の一般質問は、議長を除く23名の議員が質問を予定している模様で、それぞれの議員が行う質問の様子についてもご注目いただければと思う。


2017年8月8日火曜日

障がい者の家族を支える「ケアラーズノート」


 
 小金井市で認知症の介護者家族の支援を行っているNPO法人UPTREE(アップツリー)代表の阿久津美江子さんにお話を伺った。アップツリーでは介護する家族を支えるため、経験者の話を聞くためコミュニティーカフェなどの居場所作りも行っている。高齢者介護をする上で重要な終末期、看取り期を迎える家族が最良の介護のあり方のため、家族の状況を可視化し、できることを家族で共有するための手帳が介護者手帳だ。
 この介護者手帳をお手本に「みかんぐみ」(すぎなみ重度心身障害児親子の会)とUPTREEが特別なケアを必要とする子どもとケアラーのために作成したのが「ケアラーズノート」だ。


認知症家族のための介護者手帳をもとにケアラーズノートを作成したNPO法人アップツリー代表の阿久津さん。
 高齢者介護と同じく子育てはひとりではできない。特にこどもに障がいがある場合はなおさらだ。ケアラーである母親ひとりで全て抱え込まずに、上手に周りを頼るための手帳がケアラーズノートだ。「ケアラーと家族の記録」の2冊1セットで構成されていることが介護者手帳との違いだ。介護者手帳が終末期を見通したものであるのに対し、ケアラーズノートは子どもの成長の記録でもあるため、子どもの未来の支援者に子どもとケアラーが過ごした日々を知ってもらうために「ケアラーと家族の記録」がついている。小金井でもこのような手帳を活用して障がい児保護者=ケアラーのための支援ツールとしての活用を検討すべきではないだろうか。
 

2017年7月14日金曜日

寄稿文は事実に反している


 上の画像は7月11日に発行された小金井新聞の記事である。ここに掲載されている稲葉孝彦氏の寄稿文「走り続けた16年」の記事に事実に反する記述があるため、本日、小金井市議会民進党として小金井新聞社に対し、以下の文書を掲載するよう申し入れを行った

===========================
小金井新聞社 木内広子様

 貴社の「小金井新聞」7月11号に掲載された稲葉孝彦氏の寄稿文は事実に反する記述あります。
まず、当時の私たち市議会民主党が小学校給食調理業務の民間委託に反対をしていたという事実はなく、必要な民間委託は進めるべきとの立場です。
また、小学校給食調理業務の民間委託に関する意思決定過程において、寄稿文にあるような都議会議員(当時)から市議会民主党への指示や関与の事実もありません。
こうした事実無根の記事が掲載されることは、当時の担当市職員の皆さんの懸命なご努力や小金井市の学校給食を守り育てるためにご尽力されている市民、保護者や関係者の皆様を侮辱し、小金井市議会の信用を著しく損なうものであり、到底看過できるものではありません。
以上、申し入れます。
平成29年7月11日
小金井市議会民進党 鈴木成夫 
          岸田正義 
          村山ひでき
==========================





2017年7月12日水曜日

「親は半生、きょうだいは一生」・・京都きょうだい会講演会に参加して

7月2日に大阪で開催された「第2回障害児者のきょうだいセミナー」に行ってきた

 フェイスブックでずっと前から気になって仕方がなかった京都、神戸、伊丹など関西地区のきょうだい会主催のセミナー。前日深夜まで都議会議員選挙だったのだが思いきって参加してきた。
 「きらり」(小金井市児童発達支援センター)の開設が決まるはるか前、当時の就学前障がい児療育施設のピノキオ幼児園の民間委託を諮問した児童福祉審議会委員だった頃、障がい児支援を拡充するなら家族や兄弟の支援が必要ではと言ったのだが、この当時の担当は「障がいの早期発見・早期療育のために家族が障がいの認知と受容するための家族支援はともかく、兄弟の支援?」といった感じだったのだ。しかし当時でもおとなりの国分寺市では療育施設が企画して兄弟姉妹を集めて兄弟姉妹を主役にしたお楽しみイベントを行っていたのだが・・・。
 その後数年が経ち、ピノキオ幼児園を発展的解消し、児童発達支援センター建設のための事業詳細計画検討の市民意見交換会を重ねる中でもあまり議論にはならず、現在家族支援や兄弟支援は行われていない。
 今回の講演会の内容は、自分自身、障がいある次男の「きょうだい」である4歳年上の長男との関わりについて考える大変興味深い内容だった。

 ※きょうだい会では、障がいある兄弟姉妹を持つ人を「きょうだい」または「きょうだい児」と呼んでいる。親や周囲の人がきょうだいを気にかけることを含めた「きょうだい」に着目した支援についての講演会でした。

親ときょうだいは違う


 第1部は同志社大学社会学部福祉学科実習助手の松本理沙さんを講師に迎えた講演会で、松本さんご自身も知的障がいの弟がいる「きょうだい」だった。
 障がいがある兄弟姉妹を持つきょうだいと親の違いについて、親は恋愛、結婚、出産などの人生経験を経て障がいある我が子と出会うことになるが、きょうだいはある日突然自分の兄弟姉妹の障がいと出会う(または判明する)という大きな違いがある。そのためにもきょうだいが経験する様々なできごとについて考えていく必要を痛感する言葉である。

きょうだいは忍耐強く、優等生になろうとする

松本理沙さんのお話

・兄弟に対し親や周囲は「家族」と一括りにし、きょうだいに親と同じ役割を負わせようとしてしまう傾向がある。
・親の態度が自分と障がいある兄弟姉妹と異なる時は兄弟姉妹が怒りや嫉妬の対象になる。
・親に負担をかけまいときょうだい自身が我慢強く優等生になる場合がある。
・障がいがある兄弟姉妹がいるために進学や就職など、進路決定する際にもきょうだいには相当な葛藤がある。
・障がいに関心を持ち、特別支援教育や福祉、医療分野に進路希望する場合がある。
・きょうだいとしての体験から生じる肯定的側面もあるが、きょうだい自身が良かったと思うことと、周囲が「良いこともあったでしょう」ということとは全く意味が違う。きょうだい誰もが障がいがある兄弟姉妹を肯定できるわけではなく、また思わなかったとしてもきょうだいは何も悪くない。
・きょうだいに対し、親が正論(のようなこと)を言われると、きょうだいは自分の本音を言えずにしんどい気持ちを溜め込んでしまう。

親は半生、きょうだいは一生

 このようにきょうだい当事者のお話を聞くと、親や周囲の何気ない言葉や態度が、障がいがある兄弟姉妹のきょうだいに与える影響は、親が考えている以上に大きいことがわかってくる。障がい者の家族の一生を時間軸で捉えると、通常は親が先に亡くなるわけだから、障がいがある兄弟姉妹ときょうだいの関係は、きょうだいが寿命を全うするまで続くこと、これをしっかりと親が考えておくことが兄弟姉妹にとっても重要なことがわかる。
・・・男子二人兄弟で、次男に知的・てんかん障がいがある父親としてはすべてが胸に刺さる言葉である。

「親心の記録」は将来の家族への贈り物

 下の写真は配布された「親心の記録」である。障がいがある我が子に必要な支援を事細かに記録して親亡き後の将来の支援者に伝えるノートだ。主に行政書士、弁護士、税理士の団体「一般社団法人 日本相続知財センターグループ」から寄贈を受け配布しているもので、当日の参加者にも配布されたものだ。こうした備えも将来のきょうだいの負担を軽くするものとして活用を考えていくべきだろう。

きょうだいどうしが、その思いを吐露する場が必要

きょうだい会の作り方

 第2部はテーマ別のグループワーク。今回鈴木は「きょうだい会の作り方」の11人のグループに参加した。
 ファシリテーターは弟が知的障害者のUさん。他の参加者は東京2人(鈴木含む)、広島、岡山、東大阪、香川、立命館大学の中国出身の教授2名など、皆さんがきょうだい支援に興味を持ち遠方から参加していた。
 他のグループには遠く北海道や宮城からの参加者もいて、このテーマへの関心が高さが分かった。

Uさんのお話

 Uさんは京都きょうだい会の中心メンバー。弟さんが入所していた施設きょうだい会に関わり始めたのが1971年(昭和46年)とのこと。(全国きょうだい会の結成は1963年(昭和38年))当時のきょうだいは親や支援者、施設にとっての都合のいいボランティア。親は施設の「いいなり」できょうだいの立場は顧みられることはなく、活動も施設内で完結していた。1983年に育成会(手をつなぐ親の会)と合流して地域での活動が始まったが、会の運営の負担が大きく、会報の発行なども2名だけで行っていた時期があったが、いずれ手が空いて会の活動に戻ってくる人のために活動を続けてきた。最近になり松本さんとの縁もあり、またSNSの活用で若いきょうだいや他の地域との交流が広がってきた。イベントや企画型の活動とは別に、きょうだい支援にはきょうだいが思いを吐露する場が必要、とのお話が強く印象に残った。  参加者は障がい者の兄弟姉妹のきょうだいが6人、鈴木と同じく親が2名。小児がんのサバイバーで小児がんのきょうだい支援を研究する大学院生、といった立場だった。きょうだいの方は会を立ち上げようと考えている方、福祉職に就いている方が多く、第1部の話はまさに現実なのだ。


アフタートーク

 場所を変えての懇親会でも、やはり参加したきょうだいは福祉職についている方が多かった。また障がいがある兄弟姉妹をすでに亡くしている方が複数いらっしゃり、こうした方がきょうだい支援に関わり続けていることも大きな驚きだった。Uさんもその一人だったのだが、ここにきょうだい支援の奥深さがあるような気がする。
 兄弟姉妹の障がいがあることで実に様々な葛藤があったにもかかわらず、高齢(失礼)になっても、当時一緒に活動した仲間が仕事から離れて手が空いた時に戻ってくる場所をなくしてはいけないと思い続け、現在も若いきょうだい会の運営支援に楽しそうに関わっていることも印象的だった。

生涯発達を支援するきらりの使命を見つめ直すタイミングは

振り返って、きらりの業務はこのままでいいのか

 今年10月で開設4年を迎えるきらりの運営は、開設当初の業務委託から指定管理に変わった。相談支援事業の利用者増により、予約から相談までの時間がかかってしまっている現状や、放課後等デイサービスの待機者の問題、就学時の相談支援体制も申し訳ないが現状ではまだ十分とは言えず、小・中学校の通常学級で支援や配慮が必要な児童生徒が増えている現状などもあり、開設当初は想定外だった様々な新たな支援ニーズが明らかになっているように思うし、今回お話を伺ったきょうだい支援もその一つではないかと考えている。
 18歳までの子どもの発達支援を行う施設の使命として、こうしたニーズに今一度向き合い、現在の利用者評価をもとに業務を検証し、ニーズに即した事業の再構築の検討を始める時期がそろそろ近づいているのではないか、きょうだい支援の必要性ということ以外でも、そんなことを考えた今回の視察だった。

2017年7月7日金曜日

新福祉会館は庁舎建設予定地に決定(本日の第1回市民検討委員会)




 本日開催された第1回新福祉会館市民検討委員会を傍聴した。用意された傍聴席の多くを市議会議員が占め、議会の関心の高さをうかがわせるスタートになった。
 この検討委員会は、10月4日に西岡市長が行った市長報告で庁舎と福祉会館建設計画がゼロベースに戻って以降、庁内検討が行われる中で設置された市民検討委員会だ。
 第1回目の委員会ということで市長挨拶があり、その後に委員、担当部局、市民検討委員会運営支援委託事業者の自己紹介があった。その後互選により委員長に根上彰生日本大学理工学部教授が、副委員長には金子和夫ルーテル学院大学教授が選出された。
 その後は委員会の運営や市民検討委を含めた建設スケジュールの説明と、本日資料として委員に示された(仮称)小金井市新福祉会館建設基本計画(素案)について、新施設整備の必要性、施設建設基本方針が説明された。
 個人的に注目したのは、基本方針の中に平成29年2月に厚生労働省の「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部が示した「「地域共生社会」の実現に向けて(当面の改革工程)が取りまとめられたことを社会的背景として取り上げていたことで、本委員会でこれまでとは違う新たな福祉のありようについての議論が行なわれることを期待したい。
 その後の素案に対する質疑応答では、委員会の進め方、庁舎の建設検討との関連性など、各論について様々な質問や意見、要望が出されたが、最終的には、「先に建設地を決め、適地であるか議論を行い、その後の議論に入ることが建設的」との意見に集約されたように思う。


 こうしたやり取りの後、委員長から蛇の目ミシン跡地を建設地とすることについての確認を求められたわけだが、委員会もこれを了とすることを最終確認し、第1回委員会で建設地が蛇の目ミシン跡地と決定した。
 今後のスケジュールを考えると、まずは建設地が決まって一安心である。本当によかった。
 市議会の方では11日に開催する全員協議会で素案の説明が行われる予定で、市民検討と庁内検討、議会への説明と特別委員会での審査が同時に並行して行われるため、担当部局の負担が過重にならないかが心配である。
 今後は9月に第2回委員会を開催し、最終答申は本年12月の予定だ。

2017年4月3日月曜日

新年度はフラッグツアーと桜まつりでスタート

 3月26日に行われた市議会議員選挙では、市民の皆様に1,183票ものご信託をいただき、当選を果たすことができました。4月4日から始まる4年間、3期目の市議会議員として、市政の重要課題である市役所庁舎と新福祉会館の早期竣工の実現を目指す西岡市長の政策を議会の側から支え、市議会各会派の理解を求める努力をしていきたいと考えています。





  また、普段なかなか光の当てられることのない障がい福祉に関する当事者や家族の皆さんが直面している課題や、地域防災力の向上をメインに小金井市の住民福祉の増進に努めてまいる所存です。



 さて、新年度1日目となる4月1日は小金井市最大のイベントである桜まつりでした。会場では「オリンピック・パラリンピックフラッグツアー」歓迎式典が行われ、多くの観衆の中で小金井市代表の西岡市長がフラッグを受け取り、消防少年団の鼓笛演奏とともに、にぎやかに会場内をパレードしました。
 東京オリンピック開催には、膨張を続ける経費負担や競技会場選定のつまづきなどがありますが、こうした課題にも真摯に向き合い、パラリンピックも合わせて多くの都民が心から歓迎できる大会にしてもらいたいものです。



 この日受け取ったフラッグは、4月7日まで市民交流センター(宮地楽器ホール)スペースNで展示されています。
 気になる小金井公園の桜ですがまだ満開には程遠い印象でした。満開の桜の下でのお花見はもう少しお預けでしょうか。

2017年3月17日金曜日

「障がい」についてもう一度考えてみる(障がい者が共に生活する社会をつくる市条例制定意見交換会に参加して)

                                 

 障がい者差別解消法が昨年4月1日に施行されて間もなく1年になる昨晩、小金井市の地域自立支援協議会が検討を進めている(仮)「障害者が共に生活する社会をつくる小金井市条例」(市条例)の制定に向けた意見交換会が行われた。
 協議会委員の発議で検討が始まったこの条例は、昨年12月3日の障害者週間イベントの時のシンポジウムで条例の素案が披露され、この場の参加者との意見交換で、市条例制定には当事者意見の反映と市民参加での議論を広げるため意見交換会がさらに必要との意見があり、今回3月11日の日中と昨晩の2回開催されたものだ。参加者は協議会委員の他、当事者や支援機関の職員、障がい者支援に関わる市民がいたように見受けられた。そして自立支援協議会おなじみの「UDトーク」が会議の発言をスクリーンに文字化していた。
 参加者からは、条例に障害という言葉を明記することの是非、主語が「障害者」でいいのか、障がいがない人にとっても暮らしやすい地域づくりを目指す考えかた、昨年夏の津久井やまゆり園の事件を忘れないため、事件に触れるべきではないかなどの意見が出された。
      
 条例本文では、虐待防止のためには条例で虐待を定義し、条例のもう一つの柱にすべきではないのか。学校教育での合理的配慮について、共に学ぶという理念に沿った記述が必要ではないかとの発言もあった。これは学校から児童生徒の付き添いを求められている現状を受けてのものだ。
 こうした意見の他、当事者意見の反映のためアンケートを行い、差別や配慮事例を集めることで、市民や地域への周知を図るべきとの意見も出ていた。この日参加者や協議会委員から出された意見は、新たに「障害者等への総合的な支援等」とする新たな条文を追加してここに包含するとの案も示された。またこの他にも性差別やLGBT差別にも触れるべきとの意見が出されたことも印象的だった。 
 この条例について、以前どなたかが「国が制定した条例がある上で市条例を制定するからには国の条例より踏み込んだ内容にすべきではないのか」と話されたことが強く記憶に刻まれていて、そうした意味からも市民が自由に参加できる意見交換会を開催して条例制定の参考にするプロセスは非常に重要で、今回2回の意見交換会が設定されたことを非常にありがたく感じている。
 私の次男は難治性のてんかんと重度の知的障がいを持っているため、重度重複学級で過ごした特別支援学校高等部卒業後は、就労支援型施設ではなく生活介護サービスを利用している。このムスコが将来自立して地域生活を営むためには、さらに多くの支援が必要になる。そしてもう少し先のことを考えると、この市条例が、親亡き後もムスコのような障がい者が地域でともに暮らしていける「魂」のこもった条例であってほしいと、父親として強く願っている。
 今回の参加者意見を伺って改めて思うのは、「障がい」とは一体何なのかについて、広く意見交換することの大切さだ。これを忘れてはいけないし、当事者の家族としてはこれを伝えていくべきと強く感じたひと時だった。

市議会9月定例会は8月31日から

 明日8月31日から市議会第3回定例会(9月議会)が開会する。会期中に決算特別委員会を5日間開催するため会期は10月5日(木)の最終本会議までの長丁場となる。 今定例会に提案されている議案と日程日割票はそれぞれ下のリンクをご参照ください。 https://www....